《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる

ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間パソコンのモニターやテレビを観ている人たちに多くなっている症状です。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
このドライアイとなってしまっている人は残念ながらレーシックを受けることが出来ないこともあるのです。

 

ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
ただしドライアイにも程度があり、重い強度のドライアイではレーシックを受けることが出来ないこともあるのでご注意ください。



《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられるブログ:20年10月21日

お子さんの好き嫌いに、
頭を悩ませている母は少なくない。

しかし、
ご飯中の穀物の量を増やせば、
お子さんの好き嫌いは激減する。

お子さんが必要量の穀物を食べずに、
大量のおかずを食べてしまうと、
それだけでお腹一杯になってしまい、
穀物が食べられなくなる…

おかずには
お子さんにとってまだ早い食品などもあるので、
そうなると途端にお子さんの好き嫌いが始まるのである。

お子さんが好き嫌いしたら、
ほとんどの母たちは
なんとかして食べさせようとするのだが、
そういう努力をするのではなく、
おかずの量を減らすという対策を取れば良い。

おかずの量が減らしてしまえば、
お子さんは限られたおかずでライスを食べねばならず、
結果的に嫌いなおかずでも食べざるを得ないのだ。

要はご飯過剰だからこそ
お子さんは好き嫌いを言い出しているのであって、
ご飯の量を減らしてしまえば、そんなこと言っていられなくなる。

メインとなるおかずなどは1品でいいのであって、
炒め物か焼き魚を出して、
それをみんなで分け合って食べれば、
それにつられて食べてしまうものである。

穀物を精白穀物にしてしまうと、
栄養バランスがどうしても崩れてしまうので、
お子さんはおかずを大量に食べることになる。

しかしそんなにおかずを食べてしまえば、
おかずだけでお腹が一杯になってしまうので、
穀物の消費量が更に減少するという悪循環に陥ってしまうのだ。

だから穀物は無精白穀物を使うべきである。
無精白穀物なら栄養バランスが整っているので、
おかずは少量で足りるようになる。

そうなれば
おかずでお腹が一杯になるという事態を避けることができる。
そういうご飯であればこそ、
お子さんは穀物を大量に食べてくれるのである。