《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。
レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。

 

レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。



《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:21年02月21日

ダイエットに挫折する人の中には、
結果が出ないことに対して失望するという人が多いようです。

皆さんは
結果が出なくて、ダイエットに挫折したことがありませんか?

確かに、
一生懸命頑張ったのに、結果が出なければ、
自分が嫌になったりする気持ちはわかります。

しかしダイエットというのは、
まだ未解明なところもたくさんあるんですよね。

巷にはいろいろなダイエット法がありますが、
いまだかつて、誰にでも効いたダイエット法などは出てきていません。
ダイエット法というのは、
ある人には効果がある一方、他の人には効果が出ないものなんです。

ですから、
一つのダイエット法に挑戦をして結果が出なかったとしても…
それで、ダイエットに向いていないという結論にはつながりません。
あくまでも
「そのダイエット法が自分には向いていなかっただけ」
なのです。

かつて、
アトキンスダイエットというのが、世界中で注目を集めたことがあります。
アトキンスダイエットというのは、
炭水化物を取らないというダイエット法です。

話題になったくらいですから、
実際にダイエット効果があった人も少なくないでしょう。

しかし一方で、医学界の中には
体を壊すから危険という意見もあるようです。
世界的に有名なダイエット法でも、
このように専門家の間で賛否両論が出るくらいなんです。

ですから、2つや3つのダイエット法を実際にやってみて
うまくいかなかったとしても、そんなに悲観をする必要はどこにもありません。

「このダイエット法はオレには向いてないんだ」
「次のダイエット法を試してみよう」くらいの
軽い気持ちで臨む姿勢を持ちましょう!