《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。

 

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:21年02月19日

長い付き合いの仲間と、
彼の諸事情により
なかなか会えなくなってしばらくたっていた。

僕達は家族ぐるみの付き合いだったが、
仲間とだけなかなか会えない…

そんな折、家族連れ立って温泉に行く話が持ち上がり、
この機会を逃してはならないと、なんとか行くことにした。

もう17時の11時を過ぎていたが、
嫁も仲間夫婦もお子様達も起きていてくれ、
しかも、温泉宿のとんこつラーメン屋につれていってくれた。

せめて、
とんこつラーメンくらい食べさせてやろうとの心遣い。

とんこつラーメンができるまで、
我が女の子がお昼間の時間を取り戻すかのように、
なんども宿のスロープを、手をつないで歩かされた。

よちよち歩きの女の子を心配する仲間の女の子が、
後をトコトコついてきてくれる。
その様子を嫁や仲間夫婦が見守る。

何十回やらされたかわからないが、
ずっと昔に感じたような温かい気持ちになった。
とんこつラーメンの味も大変うまかった。

「日の出を見ながら露天風呂に入る」と言い出したのは、
その仲間だった。

そんなに早起きはできないだろう…と皆で言っていたし、
僕自身も疲れていたから、
とても起きられるとは思っていなかったが、
一応、目覚まし時計はかけておいた。

翌6時、不思議と目が覚めた。
眠い目をこすりながら、露天風呂に向かう。
すると、そこには、空を見上げて立っている仲間の姿があった。

仲間は僕を見ると、
まるで懐かしい家族に会ったような笑顔で笑い、
「日の出はロケーション、悪いよ」と言った。

確かに、6時日が昇る方向は、山側で、しかも建物がある。
この宿は、夕方日が沈む海が望める露天風呂が見所だったのだ。

でも、せっかく6時早く起きたのだからと、
僕と仲間は日の出の時刻を待った。