《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって角膜の疾患があったとしても手術を受けられる場合もあります。
レーシックが受けられない方でも受けることの出来る視力回復手術も存在しているので担当医に聞いてみると良いでしょう。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。
レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう。
角膜に何らかの異常が見られる方は、レーシックを受けることが出来ないのでご注意ください。

 

レーシックが受けることの出来ない可能性のある人も、まずは眼科に行って相談してみてください。
何らかの対処法を紹介してくれるハズですので、まずはレーシックを行っているクリニック探しから始めましょう。



《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なるブログ:21年08月05日

みなさまにも経験があることだと思いますが、
体操して身体を動かすと、食欲がわきますよね。

このお子様でも知っている事実を
これまでの減量理論では無視してきたんですよね。

まるで人間を食欲がないロボットのように仮定し…
いつものように食べても、
それ以上に体操して、
消費カロリーを摂取カロリーより大きくすれば痩せられる…
このように言い続けてきたわけです。

体操することによって
摂取カロリーより消費カロリーを大きくして痩せる。
実際にこれが可能ならば、一番健康的ですばらしい方法です。

あくまで実際に可能であるならば…

しかし、現実的には体操によって
体重を減少させようとしている人のほとんどが
途中で挫折し、むしろ体重が増加しているのではないでしょうか。

「減量=体重の減少」とするなら、
体操によって体重を減少させることにはかなりの困難を伴います。

例えば、
なぜ、あれほどの練習を積んで体操しているボクサー達でさえ、
試合前に食事制限による減量することが多いのでしょうか?

それには様々な理由がありますが、
その大きな理由の一つは、
人間誰でも体操したらお腹が減りますから、
その分普段は食べてしまうため、
試合前ぐらいでないと空腹を我慢することができないことが挙げられます。

一般人が、
ボクサーが行っているのと同じレベルの体操が可能だと思いますか?
しかもあれほどの体操をしても、
ボクサーは試合前に減量が必要なのです。

この「体操すると普段より食欲がわく」という
単純な事実を無視してしまうと、体重を減らすことはできないのです。